来訪・借用を断る

来訪を断る(女性用)

 お手紙拝見いたしました。来週の水曜日お出で下さるとのこと、お目にかかれるのがどんなにか嬉しく、また私もお話したいこともございますのに、あいにく当日お待ちしていることができませんの。主人が盲腸炎で入院しておりますため(順調ですから御心配には及びませんのよ)毎日病院の方に通っておりますので、もう少し後の日にいらしていただきとうございます。いずれ全快いたしましたらおしらせ甲し上げます。ほんとうに残念ですけれどお許し下さいませ。

一日だげ延ばして下さい

 ながい間お待ちしていたことが実現して二十日にお出でいただけるとのお便り、どんなに感激したかわかりません。手紙を父にも姉にも見せてまわり、母も一緒に喜んでくれましたが、よく考えてみましたら、その日はいつか申し上げた劇の研究会、それにまた私の当番で、どうしようもなく、時間も夜になりそうで、ほんとに申訳ございませんが、その日一日だけお延ばし下さいませんでしょうか、取急ぎお願いまでに。

花瓶の借用を断る

 年末となり日増しに寒くなるではありませんか。皆さんお変りもないことと存じます。さて花瓶のこと、せっかくの御申越ですが、実は秋口に不用品を全部処分しましたので、御用立が出来ませず、申訳ございません。一輪挿しや小さな品は二三ありますが、もちろん新年の床の間に飾るものではありません。どうぞ悪しからず御勘弁下さい。

いずれ拝眉の節万々です。敬具

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする