招待などの御礼

thank you photo

馳走になった礼を

 拝啓 昨夜は三氏御招きの席に私もお加え下さいまして、誠に有がとうございました。

奥様お心づくしにより、美酒佳肴(びしゅかこう)、洒は灘の生一本、お料理は山海都鄙(さんかいとひ)にわたっての品々、ことに飲む口と思召してか、私へ集中射撃をされるため、すっかり酩酊いたし、失礼あっては相済まぬことと心を引きしめておりましたが、遂に前後やや不覚、よしないことども申しましたようで、何とも汗顔(かんがん)の至りでした。

汗顔はもとより、赭顔(しゃがん)かつ厚顔、酒荒し、肴荒し、これまた感激のためでもあります故、何とぞおゆるし願いとう存じます。三氏もお喜びの上、先生にも御機嫌でありましたこと、誠にうれしゆうございました。

 奥様にはお忙しく、何かと御心づかい頂きまして、恐縮に堪えません。何とぞよろしくよろしく御礼お伝え下さいまし。

 また蔭の力となってお料理にお手並をお籠めになりました(と拝察します)お嬢様にもおよろしくお伝え下さいまし。

 右、とりあえずの御礼のみを、いずれ拝眉万々(はいびばんばん)でございます。敬具

家庭の宴に招かれた礼

 拝啓 昨夜はお二方の深い友情に包まれ、親子三人、御礼の申し上げようもない愉快な有がたい一夜を過しました。帰りはわざわざ戸口から戸口へまでお送りいただき、何とも恐縮の至でした。

奥様のお料理は、私の味覚の歴史に於て始めての福音でした。妻は席上ではただ茫然としていましたが、帰ってからは、是非あの秘訣をお教えいただかなくて。はといいながら、いろいろ思い出している様子でした。

そのうちお招きいたします故、現地御教授のほどお願いいたします。皆様の御健康をお祈りいたします。

略儀ながら右、妻子の心からの感謝を含めて、厚く厚く御礼申し上げます。敬具

伯母の家を訪ねた後で

 伯母上様、昨日は久しぶりで皆様にお目にかかれてとても嬉しゅうございました。私の大好きな鮎鮨、今年になってはじめていただいたので、とてもおいしかったの。圭ちゃんも純子ちゃんもあんなに大きくなって、帰るとき、お姉ちゃま帰っちゃいや、なんて抱きつかれて、私泣きみそだから泣いちゃいました。

伯父さま、来月はどっさりおみやげもって無事アメリカからお帰りになりますように、心からお祈りしてますわ。先ずは取り急ぎ御礼まで。

子供が御馳走になった御礼

 拝啓 御無沙汰いたしております。皆様お変りもないそうで何よりのことに存じ上げます。

 さて昨日は子供が上りまして大層御馳走になりましたそうで誠に有がとうございました。その上お土産まで頂きまして恐縮いたしました。御覧の通りの野そだちの不躾者のこと、さぞ無作法もございましたことと衷心(ちゅうしん)恐惧(きょうぐ)いたしております。

 この二十日の日曜はちょうど当町の氏神様の大祭に当ります。今年はいろいろの催し物も沢山出まして例年よりは賑わいの模様でございますから、どうぞ皆々様お連れあそばして御来遊下さいませ。

別段御馳走とてはございませんが、愉快な一日を過ごしとうございますので、是非お越し下さいませ。お待ち申し上げます。先は右御礼まで。敬具

相撲見物招待の礼

 拝啓 昨日は大相撲七日目に御寵招に預り、しかも家妻同伴で推参、しかもあの前後にない好取組の日にぶつかり、しかも好勝負続出の幸運に恵まれ、しかも奥様わざわざのお越しの上御みやげまで頂き、しかも御同席荻原氏には図らずもウイスキーを恵まれ、しかも御不参の方があり、おかげで大々的特等席となってゆっくり見物が出来るなど、誠に「しかも」尽しの勿体なさ、全く御礼の申し上げようもありません。昨夜来なお酔った心地で、当時の土俵を眼前に彷彿させています。

 右、筆紙に尽しがたい感謝をとにかく筆紙に乗せせて、取りあえずの御礼であります。家妻よりも山々御礼を申し出でました。敬具

招待などの礼の類句

○初夏の一即を楽しくすごさせていただきまして
○お心づくしのおもてなしの数々は、今も身にしみて嬉しく
○ほんとうに結構なお住居で、しみじみお羨ましく存じました
○初めておめもじの御主人様にも私に少しの窮屈さも感じさせず
○お庭につづく雑木林、そこにさえずる小鳥の声など、いまも夢のように楽しく思い出され
○さすが設計に御苦心あそばされたお住居だけに、御便利で、お住まい心地もよろしげに拝見
○海山の味覚を生かしたお手料理の味は、今も舌に残うているようでございます
○あなたがあれほどの名コックさんとは、失礼ながら存じませず、改めて敬意を表します
○それに新しいお客間でいただきましたコーヒーの味は格別においしく、長く印象に残りそうです
○数ならぬ身のお招きにあずかり
○末席へ列する光栄を得
○お仲間に入れて頂きまことに有がたく、何だか世間へ出られたようでほんとうに嬉しく存じました
○まことに愉快なひとときを恵まれ
○昨夜はまことに有がとうございました、あんなに楽しいパーティは近頃初めてでございました
○晴れの御祝宴にお招き下さいまして身の光栄に存じました
○突然のご指名に実に戸惑いいたしまして、つまらぬ御挨拶申し上げ汗顔に存じました ○終始変らね貴下(貴女)のあざやかなリードに私如き者まで朗かな仲間入りをさせて頂き
○あのひとときの楽しさの消えぬまま厚く御礼申しあげます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする