卒業の知らせ

卒業を知らせる

A君お元気ですか、試験地獄で苦しめられた三ヶ年間、今となっては長いようで短い歳月であった。
 去る十五日無事卒業証書をもらって校門を出るときは流石に過去の事どもが想い出されて、淋しい名残惜しい気持になった。しかし曲りなりにも卒業した喜びは抑え難い。これから兄同様社会へ出て働くことを思うと胸がワクワクする。今後は一層ご指導をお願いします。先は取敢えず卒業お知らせまで。匆々

卒業すぐに就職する

 花笑い鳥鳴く誠に絶好の好季節となりました。
皆々様相変らずご健勝にてお過しのことと拝察致します。

 さて、私こと在学中は一方ならぬお世話様に相成り有りがたく御礼申し上げます。お陰様にてこの度本校を卒業致しました。

 これひとえに平素のご高庇に依ることと深く感謝致しております。尚卒業と共に直ちに××商会へ就職出来ましたことは全く望外の幸いで喜びに堪えません。どうぞ今後とも尚一層の御声援を賜りたく切にお願い申し上げます。

 右乱筆ながらお礼かたがたお知らせまで申し上げます。

高校卒業を知らせる(婦人用)

久子さま お元気でいらっしやいますか、すっかり春めいてまいりました。

 いつもお心にかけて下さいました私、昨日高校を卒業することが出来ました。過ぎた三年間のことを思い出して悲しいような嬉しいような卒業式でした。今日は気がゆるみました故か、何も手につかず今までのことや、将来のことなど考えて、とりとめもない空想にふけったりしています。でもいつまでもこうしてもいられませんので、姉の言葉に従いまして近い内に××学院に洋裁のお稽古にまいりますの、どうぞ今後ともよろしくお導き下さいませ。先は急ぎ卒業のお知らせいたします。かしこ

卒業の知らせ類句

○無事卒業
○いよいよ学園を去って
○実社会へ巣立つ日 
○やっと卒業というところです 
○いよいよ学生生活に終止符を打って 
○いよいよ卒業となると流石に学校が懐かしく 
○実社会の試錬 
○首尾よく卒業ができましたこと、これひとえに永年お導き下さいま
した御高庇と存じ
○先生の御教訓を心に秘めて
○今後とも何とぞよろしく御指導下さいますよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする