死亡の知らせ

夫の死を知らせる

夫清次郎こと先般来病気にて入院加療中のところ、昨夕容態にわかにあらたまり今朝六時ついに永眠いたしました。

生前一方ならぬご厚誼にあずかり、わけて病中、数々のご配慮を頂きましたこと、ここに厚く御礼申しのべます。

追って告別式は明後十五日午後二時より四時までの間、青山斎場に於いて神式により相営みます。

右ご通知まで。

妹の死を知らせる

 せつ子が十日ほど前から風邪気味で手当をしていたのでしたが、肺炎を併発して一昨夕亡くなりました。丸々と太って片言まじりのイタイケ盛りでしたが、何分にも幼児のことで、抵抗力がなく脆くも逝ってしまいました。手当は十分につくしたものを本当に惜しいことをしました。母もひどく力を落した様子でしたが、是非なきこととあきらめて今朝あたりから幾分元気を取り戻したようです。お前にも病気のことを知らそうかと思ったのでしたが、学期試験中と聞いていたので勉強の妨げになってはいけないし、それにこう急逝しようとは夢にも思わなかったので、差し控えていたようなわけでした。決して力をおとしてはいけません。葬式は今日ごく内々だげで心静かに営みました。右取あえずお知らせまで。かしこ

死亡通知の類句

○にわかに病勢あらたまり
○遂に薬石効なく
○養生相叶わず
○臥床中のところ 
○生前御厚誼を賜わり 
○本朝五時十分安らかに永眠いたし
○及ぶ限りの手当ては致し
○寿命には勝てません
○お蔭さまで大往生
○心ばかりの野辺の送りを営む
○老父こと今朝俄かに病勢つのり百方力を尽せし甲斐もなく遂に死去つかまつりました
○昨夕六時二十分瞑目いたしました 
○昨夜十時急に病勢あらたまりついに今暁二時死去つかまつりました
○××儀このたび不慮の災害に横死いたしました
○急病にて頓死いたしました
○永眠いたしましたので謹告申しあげます
○長逝いたしました
○生前の御交誼を感謝しここに謹んでお知らせいたします
○X月X日午後一時より二時まで自宅にて仏式により告別式を行います
○時節柄供花その他供物の儀は辞退させて頂きます
○生前は何かとご厚情に預り、まことに有がたく故人に代り深謝申し上げます
○追て葬儀はXX日午後一時よりXX寺において執行の上、火葬いたし郷里XXへ埋葬いたします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする