招待を断る

誕生日の招待を断る(女性用)

 お誕生日のお招きまことにありがとう存じます。ごぶじで誠におめでとう。あの寄宿舎の暮しから、もう三十年。人の一生は短いようで長いものねえ。ところでおすみさん、ちょうどその日は私の母が国から出て来る日。それでそちらにはお伺いできませんのよ。その夜は私の母とうちで遙かにあなたの万歳を祝って一杯のみますよ。それでかんべんして下さい。おねがいします。来年は大いに祝いましょうよ。お互いにそう手軽には死なないわねえ。かしこ

寿宴の招待を断る

 拝復 若葉の薫る節となりました。御尊父様には本年古稀の御齢を迎えさせられ、来る五月二十日におめでたい御寿宴をお催しあそばします趣にて、御鄭重なる御招待に預りかたずけなく存じます。御言葉に甘え当日は是非参上致しまして、御長寿にあやかり度く存じていましたところ、折も折郷里にのっ引ならぬ用事が出来ましたので、只今から帰郷いたします。折角の御招待に参加致し兼ね実に残念に存じますが、右樣の次第悪からず御諒察下さいませ。先は取急ぎ右御挨拶申し上げます。敬具

結婚披露宴の招待を断る

 拝復 百花暸乱の季節、御令嬢京子樣にはその後めでたく御良縁整わせられ、来る三月十二日華燭の典をお挙げになる趣にて、御丁寧なる御招待に預り有がたく御礼申し上げます。しかるところ当日は小生公用にて福岡へ出張を命ぜられておりますこととて、いかんとも差繰り出来兼ねますので、甚だ失礼ではございますが、列席の栄を担い兼ねます次第悪からず御諒承下さいますよう御願い申し上げます。

  先はお詑びかたがた右御挨拶申し上げます。敬具

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする