年賀の手紙の類句

年賀の手紙を出す場合

(1)
○謹んで年の始めのお悦び申しあげます
○謹みて年頭の祝詞申しあげます
○平和の新春万里同風と祝い納めます
○改暦の吉慶めでたく申納めます
○明けましておめでとうございます
○あら玉の年のはじめの御寿めでたく申納めます
○あら玉の年のはじめの御喜びめでたくきこえあげます
○あなたの上に限りなき御健康と御清福をお祈りいたします
○初春の御慶びを申し上げます
○輝かしき新春を迎え、御あたりのお栄えをお祝い申し上げます
○皆々様お揃いにて御機嫌よろしく御越年の御事と存じます
○御機嫌うるわしく幸多き春をお迎えの御事と存じ上げます
○御一統樣には御健やかによき年をお迎えのことと存じます。

(2)
○昨年は何かと雑用に取紛れ失礼いたしました
○御寛恕(かんじょ)のほど願います
○平素は雑用にかまけてとかく御無沙汰がちにございますが、それにも拘らず昨年中は格別の御愛顧を賜わり感謝に堪えません
○平素は御無沙汰いたしまして洵(まここと)に申訳ございません
○昨年中は一方ならぬ御交誼にあずかりありがとうございました

(3)
○ここに謹んでお詑びを兼ね厚く御礼申しあげます
○何とぞ倍旧のお引立てのほどお願い申しあげます
○今年も相変りませぬ御交誼お引立てをお願い申し上げます
○本年も相変らず御指導賜わりますよう
○昭和XX年の年頭に際して切に大兄の御奮闘を祈ります
○お互いに奮闘しよう、年頭に際しまず祝詞を送る
○まずげ年甫(ねんぽ)のお祝詞中上げます
○年始の御挨拶には改めて伺わせていただきますが取あえず以上御祝詞まで
○初春のおよろこびに添えまして御願いまで
○先ずは新春の御挨拶のみ

年賀の手紙の返事を書く場合

(1)
○早速お祝いの御百葉をいただきまして有難うございます
○御同様めでたく存じます
○遅ればせながら新年の御挨拶申しあげます
○恙(つつが)なく新年を迎え御同慶に堪えません
○新年早々先鞭をつけられ
○年頭旅行にて年賀遅延お詑び申上げます
○お蔭様で少しの障りもなく年を迎えました
○こちらこそ昨年中は一方ならぬ御世話になりまして有難うございます
○何とぞ倍旧の御厚誼のほどお願いいたします
○まずは年始御答礼まで
○御返事かたかた年始の御挨拶まで
○先ずは年甫(ねんぽ)の回酬(かいしゅう)まで
○まずは遅ればせながら年頭の御祝儀まで
○わたくし方も一同無亊に越年いたしましたから、はばかりながら御安心下さいますよう○なにとぞ御心安らかに思召し下さませ。まずは年の初めのお祝いまで

新年めでたく申し納め候。皆々様御奕りあらせられずめでたく存じ候。富士の山めでたく候。筑波の山めでたく侯。日本八十州の山ことごとくめでたく候。合湾の山更にめでたく候。          (正岡子規)

恭賀新年

御病気の由、御大事に成さる可く候。小生なまけてどこへも年始に参らず、賀状も返事を出すだけに留め居り侯。いずれ永日万々。        (夏目漱石)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする