貸金の催促

貸金を催促する

 拝啓 その後お変りありませんか、お伺いいたします。小生幸いに無事に暮しております故御安心願います。

 さて予て御用立いたしました金子、お約束の十七日を過ぎること一週間に及びました。何かと御都合のあることは十分拝察いたしますが、小生の期待も裏切られませんように懇希いたします。月末までには是非御回金の程くれぐれお願いいたします。末ながら御自愛を祈ります。敬具

money photo

誠に恐縮ながら全額を

拝啓 久しく御無音に打過ぎております。さて、かねて御用立いたしました金子、至急入用を生じましたので、来る二十五日までにお返し願いたいのであります。何かと手違いばかりで窮迫に陥り、来る二十八日までにかなりの金額を調えませんと身の立ち行かぬ事情を生じ、苦慮しております。誠に恐縮ながら、全額二十五日までにお願い申し上げます。参上いたしますが、一応書中をもってお願いしておきます。いずれ抔面の節委細申し上げます。敬具

二度目の貸金催促

 再啓 去る二十三日付けの手紙御覧下さいましたでしょうか。お返事戴けませんことを残念に存じます。既にお約束の期限を経過し、改めて小生からお願いいたしました先月末にも御返金なく、当惑いたします、あのお話のありました時は、ほんの暫くという亊でしたので、多少無理な算段をして御用立したのでした。もしか遅れるような事があっては、お互の友情に暗い影が射すのも心苦しく、それがいやですから、一応はお断りをしたのでしたが、今はかえってお気持を悪くするような事を申し上げねばならぬ事となりました。
 実は小生の手許の困難は御想像の外なのです。

どうぞお助けを願います。以上

チケット代を催促する

 前略 過日御願い申し上げておきました音楽と舞踊の会のチケットを、この月末までに一応整理したいと存じます。御多用中恐れ入りますが、只今までに確定しておりますチケット代お支払い願いとう存じます。

 なおまた、売れ残りのチケットは、来月五日までに御整理いただきたく、重ねて御願い申し上げます。

御都合つき次第送金を

 拝呈 A君 今月は月初めから思わぬ義理や、お付き合いですっかり一ヶ月分の小遣を費い果してしまった。ついては過日水郷巡りの際御用立申し上げて置いた金三万円也、御都合つき次第送金下さいませんか、貴下のことですからいつでもよいのですが、給与日までにはまだ遠いし、少々困っていますので御願い申し上げる次第、何卒御了承下さい。草々

上半期の整理月なので(代金支払いの催促 ― ビジネス)

 拝啓 毎度御注文に預り有がとう存じます。さて先月十八日付御送附申し上げましたXXX代金三十万円也未だに御送金を頂きませんのは、定めて御多忙中御失念の御事かとも推察致しております。弊店は何方様にも現金取引に願っておりますけれど、確実な貴店に対しては、特に掛売取引の御便宜を計っている次第でございます。御手数で恐れ入りますが、当月は上半期の整理月ともなっていますので、至急御送金下さいますよう、幾重にもお願い申し上げます。

振込にてご送金を(上の返事 ― ビジネス)

 拝復 御書面を頂き誠に恐縮致しました。実は早速御決済申し上げる予定でございましたが、思いがけぬ手違いを生じまして、とんだ御迷惑をかけ何とも申し訳ございません。一応御挨拶申し上げておかねばならぬとは存じましたが、今日は明日はと御送金の方策に腐心していましたため、つい遅延致しましたような次第、幸い今日都合つきましたので、別途振込にて御送金申し上げましたから何卒御査収下さいませ。先はお詑び方々右御挨拶申し上げます。敬具

遺憾ながら最後の手段を(ビジネス)

 前略 かねて御延滞の貴店の御勘定に対し、既に三回も督促状を発しましたが、未だに御送金は勿諭、御延引の理由につても一言の御挨拶もありませんのは、如何なる御事情でございましょうか、かように長引く勘定未済は当店としましても、到底堪え得るところではございません。ついては来る十日までに御送金なき時は、遺憾ながら最後の手段をとることに決心いたしました。何分の御回答承りとうございます。以上

月払金の滞納を詑びる

 貴書拝受。先月代金の御送付が遅れましたために御催促を頂き誠に恐れ入ります。お話までもなくこの月末には御支払の用意を致して居りましたところ、突然妻が発病、病名不明重態のまま入院いたしました。手不足に加うるに幼い子を抱えこの一週間ばかりは全く途方にくれてしまいました。幸い病勢は峠を越し、一先ず安心というわけで昨夜やっと解放された次第です。

 右の事情で、今月はお約束申し上げただけは差上げられませんので、一応家庭の整理がつき次第、お伺いして、御支払方法もとくと御相談致したいと考えて居りました。何卒、御了承下さいましてよろしく御指示頂きたいと存じます。失礼ながら以上書中で御挨拶申し上げる次第であります。

 先ずは御返事まで。草々

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする