借金依頼の断り

金の無心を断る

 御手紙拝見致しました。重ねがさねの御災厄御苦境のほど御同情に堪えません。私なども昨年経験致しておりますことで、同病相あわれむとでも申しましょうか、よく心に響きます。従って御申越の件決して御無理とは存じません。殊に外ならぬ貴兄のことですから、出来ることならそのお苦しみをお救い致しとう存じますが、恥を話されば御得心もまいりますまいと存じ、一切を打ちあけて申します。体面上内容の空虚な生活を営んでいますので、経費には追われ通しでございます。ことに本月は子供の学校の切替え時で、その方に引かれまして全然余裕もなく、自分の意気地なさに腹を立てることもままあります。もとより御災厄に対しては心から同情申し上げますが、右様の始末でお役に立ち兼ねますことまことに恥入ります。何卒今度だけはあしからず御諒承下さいませ。先は右御返事まで。敬具

手一ぱいのありさま

 お手紙拝見いたしました。デフレで不景気のこの頃、御商売がおもわしくないとの事、御同情申しあげます。それについてお申し越しの件、私もできたらなんとか意に添いたいといろいろ考えてみましたが、何しろこの数年間、妹一家に月々送金をつづけていますので、手一ぱいのありさま、どうにもたらないのが残念です。あしからずおぼしめしください。

貸すのが嫌なので断る

 お手紙拝見いたしました。御申越しの件まことにごもっとも、御心情重々お察し申しあげます。できることならそのようにして差しあげれば、どんなに貴下の御満足、好都合に向わせられますことかと存じますが、実は当方とて、おすがり下さるほど堅固なものではございませず、とかく有るように見えてその実の伴わないのがお金のことで、あるいは外形のみの御判断でのことと存じますが、それは御推察の外と申すものでございます。

 恐れながら、どうかこの度の件は他の御方法にて、よろしくお繰廻し下さいますよう切に願い上げます。かような事でお気を悪くなさいますと、当方もほんとうに困りますので、どうか手前どもの無調法と平にご容赦ひとえにお願い申しあげます。また何か別な件でお役に立つことなら、何なりと御相誠に乗せて頂きたい存じます。

 先は以上お役に立だない御返事になり恐れ入ります。不備の点重々ご容赦重ねてお願い申しあげます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする