寒中見舞い

寒中見舞

 拝啓 本年の寒さは五十年来とのこと私には歴史以前のことでわかりませんが、叔父様には実感として驚いていらっしゃることと存じます。東京では毎朝水道が凍りますので、ガスで湯をわかし蛇口にかけて水を出す始末であります。まだ序の口でこの寒さですから、これからまだまだ雪将軍、寒風将軍が度々やって来ることと存じます。老来いよいよ御健康の叔父様ではありますが、一段の御用心のほどお祈り申し上げます。私方はお蔭さまで母と共に支障なく暮しております。母からもよろしく御見舞申し出でました。皆様へよろしくお伝え卞さいまし。敬具

霜柱陽にかがやき(婦人用)

 厳寒の候いかがおすごしでいらっしゃいますか、御見舞申し上げます。日々の霜柱、しろがねに陽にかがやき、ことの外のうつくしさながら、何とも道も悪く伺いかねております。お父母上さまはじめお子さま方にも何とぞ御健康にこの寒さの中を、おしのぎあそばしますよう。先ずはとりあえず寒中御見舞まで。

淋しい冬ごもりの支度を

 ずいぶん寒くなりました。富士は六合目あたりまですっかり雪を被っております。天気の日は登山道が、かすかに見えておりましたが、今では四合目の石室までしか見えません。こうなると××村は朝夕の富士颪に寒さは一しおで、雪が二日も続こうものなら大野が原の散歩はおろか、御殿場まで買物にも行かれず、淋しい冬籠りの支度をせねばなりません。東京は如何ですか。例の空ッ風が埃を吹きまくっていることでしょう。雪ならば山の手電車の遠乗りも一興でしょうが、もうそろそろ夕方の銀ブラも疲れて来ましょう。

皆さんお変りもありませんか。益男君はもうよちよち這うぐらいになったでしょう。細君は風邪引がお得意でしたが、今年はどうです。健康にはお気を付けください。

 天涯の孤客、うき世離れてすでに三年、天使のような生徒にとり巻かれている事がせめてもの慰めです。時々おたよりを下さい。以上

余寒見舞

 春とは名ばかりで相変らずお寒いことでございます。御一統様別段のお変りもございませんか、お伺い申し上げます。私方では皆々無事に暮しておりますから、御安心のほど願いとう存じます。いずれ近日暖かい日を選んでまかり出るつもりではございますが、好便がございましたから、この書面に添え余寒お見舞のしるしまでに、粗品拝呈いたします。御笑納願います。

 このうえながら皆様御大切に。敬具

毎日雪催いの空がつづき(婦人用)

 立春とは名のみのこと、柤変らずお寒いことでございます。御一同様には格別のお障りなく入らっしゃいますか、お伺い申し上げます。年越しの豆まきもすみましたのに、毎日雪催いの空がつづきますし、これからが本格的な冬が来るかと脅かされますものの、雪解けのあとはさすがに暖かい日もございますし、御近所ではぶらんこ遊びの子供さんの声がしたりしまして、やはり春も近いかと思われます。今暫くの間のお凌ぎのほどお祈りいたします。私方はまずまず一同無事に過ごしております。おひまの節にはお遊びにお越し下さいまし。

 御主人様にもよろしくお伝え頂きたく、ちょっと右御見舞まででございます。かしこ

時々鳥影が射したり(上記の返事、婦人用)

 お心にかけさせられ御見舞の状頂き恐れ入りました。仰せの通り余寒まだなかなかと覚えますが、皆様お揃い御機賺よくいらせられます由、何よりと御喜び申し上げます。私共もまた幸につつがなく、子供達も風一つ引きませず、毎日を過しておりますゆえ、はばかりながら御安心願いとう存じます。湘南は東京より幾分か暖かいようでございまして、丸窓の障子も明かるく、時々鳥影が射したりいたします。二三日前、裏山のあたりで鶯らしいものが鳴いたようでもありました。おいおい凌ぎよくなりますものの、暑さ寒さも彼岸までと申しますゆえ、そのつもりで用心しております。皆々様にもこの上とも御自愛専一に遊ばしますようお祈りいたします。主人よりもよろしく御礼申し出てました。

 暖かい日にでも、御主人様と同道、こちらへこそ御来遊下さいますよう。何のおかまいも出来ませんけれど、このあたりまだ梅の花が残っております。

 御主人様によろしく御伝え下さいまし。かしこ

寒中見舞などの類句

○昨日今日急に加わりましたこの寒さ、御地はさぞひとしおきびしきことと存じます 
○今年はことのほかの寒さで、当地のような暖かいところでも毎朝水道の水が凍るほどでございますが、雪国の御地はいかばりかと案じ申し上げております
○新聞によりますと御地は数日来の大吹雪で2メートル余も降り積りました由 
○この酷しい寒さに皆々様いかが御起居遊ばされますか 
○御祖母様の持病に障りがあってはと遙かにお案じ申し上げております 
○当方はお蔭様にて子供らも風邪ひとつ引かず、毎日元気に通学いたしておりますから、他事ながら御安心下さいませ 
○時節柄めずらしい物も手に入りませんが、羊羹を少々別便でお送りいたしました。冬籠りのお慰みともなれば幸せに存じます 
○例年よりきびしい寒さがおとずれ 
○昨今はことに格別の感じがいたします 
○私共は幸い無事ですから御安心下さいませ 
○水道の栓も凍る寒さ 
○この寒さにに如何御消光遊ばしますやお伺いたします 
○どうぞ皆様十分御自愛のほど祈りあげます 
○仰せの如く人寒以来の寒さはまた格別 
○立春も過ぎた今日この頃なお執拗な寒気には全く閉口いたします 
○御一同様にはお障りも無き由を拝しお喜び申しあげます 
○どうか貴下も寒さおいとい遊ばされ御自愛専一を祈りあげます 
○私方では大勢で狭い家に押し合いへし合いで、寒さを凌いでおります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする