十一、開店開業祝

文房具店開業を祝う

拝啓 この度当地でいよいよ御開業の由欣幸 (きんこう…..よろこばしい)の至に存じます。何分未開の地のことで新式の文房具などは名前すら知らないものが多いのですが、昨年末の財界好況に乗じて新会社も殖えましたし、また当地は妙に文学少年の多いところで、それらの方面に御開拓の余地は十分にあります。新文化の輸入者として御成功の程偏免に祈り上げます。

店頭にショーウインドーを作ったのは、貴店を以て嚆矢(こうし….始めて、最初)とします。この点だけでも全市の好奇心をひくに十分であります。

何れお目にはかかりますが、とりあえずお喜びまで。敬具

友の書店開業を祝う

御手紙拝見。近頃になく愉快なお話で大いに我が意を得た感じです。君は大体われわれのように勤め人タイプでなく、むしろ自分の才能を思いきりのばしてこの社会を泳ぐような素質をもっています。そういう人は帳面の数字を一つ一つ弾いでいるべきではありません。しかし君は以前から本屋あさりが趣味だった様子、趣味必ずしも職業と一致するかどうかはわからないが、恐らく君の場合は、うってつけのことと思います。単に店に座っているだけでなく、積極的にお得意獲得のだめ、家庭個別訪問で読書の効果を吹聴し、日本文化向上の一翼を担われんことを希望しています。

遠くとも、会社の方へもやって来給え。誰にも好意を持たれている君のこと、月極め読者や会社で必要な書物はみな貴店御用命ということになるでしょう。いずれお伺いするつもりだが、取りあえず、御開店のお祝いまで。

開店を祝う

かねて御建築中の店が落成されまして、昨日賑々しく御開店の由おめでとう存じます。実はうっかりしていたために御手伝いもいたさず誠に申しわけありません。平に御容赦下さい。承れば御開店早々大変な人気だそうで、将来の一大発展が期待され、哀心お喜び申し上げています。微力ながら何なりともお役にたつことがあれば御遠慮なく御申しつけ下さい。余は後便に譲り取敢えず御祝いまで申し上げます。匆々(そうそう)

開店を祝われて

本日は小生の開店に対し御丁寧なる御祝詞を下され忝(かたじけ)なく存じます。もとより微々たる店ですが、ただ多年の希望が曲りなりにも実現したことを欣快(きんかい…..よろこばしい)とする次第です。ここしばらくは取次販売を主とし、だんだんに拡張してゆきたい存念です。何卒この上とも過分の御引立に預りたく、お願い申し上げます。取込中甚だ略儀ながら、取敢えず御祝詞に対し御礼まで申述べます。敬具

開店開業祝いの類句

開店開業祝を書く場合

○いよいよ近く御開業
○御開店の由
○多年の宿望
○非凡の御手腕
○漸(ようや)く独立の日を迎え
○深く御期待申し上げ
○信用は無形の資本でありますから
○実業界に雄飛なさいますそうですが
○かねての御計画いよいよ機熟しての御開店
○地の利もよくそれに本場仕込みの御手腕故、必ず客足を留めること疑いなしと存ぜられ○将来の発展大いに有之(これある)ものと声援の声を大にするものでございます
○知人へも御紹介申しあぐべく、どうか御精励一層の御こと、御成功をお祈りいたします

開店開業祝の返事を出す場合

○皆様の御声援によりまして
○万全の努力を払いたく
○百折たゆまぬ精神で
○固より自信などありませんが
○専心営業に従事致し
○只健康な身体を資本に精々奮励して見たいと
○ただ店を開いたという名ばかりで将来どうなるか気がかりです
○開店の運びに至りましたのも諸賢(しょけん)のお引立によるところと深く感謝いたしております

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする