四、入学祝

小学校入学を祝う

清澄君、今年はすでに御学齢にて、○○小学校に御入学の由、松原より伝聞しました。お別れしたのはまだ赤ちゃんの頃でしたのでうっかりしていましたが、松原の話で自分の歳を指折り数えてびっくりもし成程とも思った次第です。別封粗品ながら御祝のしるしまでにお送りします。御使用下されば幸甚に存じます。どうぞ皆様によろしく。匆々(そうそう)

息子の入学を祝われて(上返事)

思いがけない御地から清治の入学につきご祝詞を頂き、心からの感謝であります上に、結構なる御祝品まで御恵贈賜(ごけいそうたま)わり、御礼の申し上げようもございません。当地では見られない新式の筆入、紙挟み、清治は大喜びで早速重宝いたします。いずれ半年も経ちましたならば平がなのお礼状をしたためることと存じますが、同人の感謝をも併せてここに厚く御礼申し上げます。敬具

中学校入学を祝う

一平君

平凡な公立への道を避けて競争の激しい私立XX中学を選ばれた君の自信と勇気は大いに敬服していましたが、果して君の自信はたいしたものでした。十五人に一人とかいうじゃありませんか。もちろん君の勉強ぶりと沈着な気性では今日あることは当然ですが、正攻法でゆく君の勉強ぶりが、受験本位の間道をゆく連中にしてやられることはないかと実は万一を懸念しないでもなかったのです。だが正に一片の杞憂、そう懸念したのは却(かえ)って僕の滑稽でした。

御両親にももちろん御満足でしょう。よい孝行をされたわけで、賢父母、賢児、春風裡にある御様子を想像しています。

ですが、一平君

君がいよいよ真価を発揮されるのはこれからですね。表面平凡に見える者や、何だか遊んでばかりいるような人が、いつの間にか案外こつこつ勉強していて、めきめき実力を現して来るものです。クラスで見るいがぐり頭はどれもぼんくらに見えますが、みんなぼんくらだから少々なまけてもヒケは取るまいなどと油断していると、試験で負ける例はよくあることです。僕も中学時代はそれでやられました。殊に数学と語学とは今が一番肝腎な時でしてねえ。中学時代に仕入れたものは一生涯役に立ちます。点取り虫のくそ勉強は採りませんが、油断なくやって下さい。君には全く無用の言ですが、お祝かたがたのつもりです。悪く思わないで下さい。

健康第一、これは特に御注意のこと。以上

中学校入学を祝われて(上返事)

拝啓 私の入学につきごていねいな御祝いと御激励のお言葉を頂きましてありがとうございました。どんなに心の鞭となったか知れません。今までと違いましてこれからはしっかり勉強をしなければならないと思っています。そのうち尊い御経験を承りそれを力綱として進んでゆきたいと考えます。どうぞ、御指導下さいますよう御願い申し上げます。今はただ、とりあえず御礼のみでございます。

時下好季節ではありますが、御自愛のほど御祈り申し上げます。敬具

高等学校入学を祝う(婦人用)

富美子様、高校入試を見事にパスされましたそうですってねえ。長い間の貴女様の計画的なお勉強が今日の栄冠をもたらしたのですね。貴女様の明るい嬉しそうなお顔が目に見えるようです。私もうれしくてたまりません。いずれお目にかかってお話しましょう。今はとりあえず一言御祝い申し上げます。

高等学校入学を祝われて(上返事、婦人用)

秀子様、只今はお玉章(ぎょくしょう)有がとうございました。おほめにあずかるようなこともございませんのに、あのようなお讃辞を頂き恐れ入りました。やっとのことで合格しまして安堵しました。これともみな貴女様始め皆様の御激励のお蔭と今日は一入感謝の念に燃えています。どうぞ今後もよろしく御鞭撻下さいますようお願いいたします。先は右御礼まで。かしこ

高等学校入学を祝う

難関突破、堂々御入学、おめでとう。御両親もお喜びになったでしょう。

高等学校は大学への予科的コースではなく、特に人物の基礎をつくるところ、学業の研鑚もさることながら、精神的な方面に大いに意義のあるところです。よく学びよく遊ぶということの外に、よく考えよく交ることに注意される必要がありましょう。昔は中学校五年制でその三、四年生ぐらいが大事なところ良不良の岐れ路となっていたのです。今はこれが高校の一、二年に移っているといっていいでしょう。大きくいえば一生の運命を左右するところです。学の秀才である君が更に人としての英才となる修業を積まれる絶好機会です。

以上祝辞ともならぬ先輩めいた言を吐きましかが、僕が高校時代を空々寂々で過ごしたことの後悔を書いてみたのです。気を悪くしないで下さい。

何よりも健康第一に、今後の御精励を祈ります。以上

入学祝の類句

入学祝を書く場合

○太郎さんこの四月から小学校御入学と承わりましたが、何かとお嬉しい御心がかりの御ことと存じます

○新入学おめでとうございます
○早くランドセルを背負われたお可愛らしさが見たいと思っております
○人一倍お健やかに亘(わた)らせられ、さぞ御入学後の御悧発さがしのばれます
○いつまでもまだお小さいつもりでいましたのに、もうそんなお年、早いものでございます
○田舎のこととてお気に召すお祝いの品もございませんが
○花子さまに差上げて頂ければうれしゅう存じます
○どんなにお可愛ゆくおなりか、さぞほほ笑ましい一年生になられることでしょう
○学齢に逹しられめでたく御入学のこと
○天生御悧発(りはつ)の一郎さまゆえ
○いよいよ高校生ですね。ほんとうにおめでとう
○お知らせをもらった時とび上って喜びましたよ
○見事高校にパスされ
○三郎さん東京高校御入学の御ことまことにおめでとうございます
○四郎さんのおできの良いのもさる事ながら、あなたの蔭になり日向になっての御指導の御よろしきが実のったとも云えましょう
○xx高校は志望多数で最難関と云われましたが
○君のがっちりした攻勢はとうとう天下最大の入学難関xx校の関門を見事通過され

○今後は一肩御健勝にて御勉学のほど祈りあげます
○最高学府のしかも等しく万人の目ざすXX校にパスされ
○さぞかし御両親様も御満悦の御ことと存じます
○侵秀なる御成績にて御入学
○入学の栄冠をかも得られましたこと
○難関を見事に突破
○多年御勉強の甲斐ありまして
○御両親様の御喜び如何ばかりかと恐悦を禁じ得ません
○益々英才を磨かれますよう
○首尾よく合格なさいまして
○平素の刻苦精励は今や栄光となって報いられ
○俊才に加うるに稀に見る勉強家

入学祝の返事を書く場合

○お祝い下さいまして恐縮に存じますこの一年坊主がどうなりますか
○お祝い下さいましたランドセルは太郎が寝る間も枕元へおいてはなさい喜び方でございます
○お祝い下さいまして却って赤面の至り
○御懇篤(ごこんとく)なる御祝詞、御指導のお言葉ただ有難く拝誦(はいしょう)仕りました
○この上は専・心勉学にこれ勉め
○入学したとは云え、まだ西も東も分らない子供のようなもので
○今後ともよろしく御叱正(しっせい)御指導下さいますよう
○お言葉を体し一層勉励いたしたいと存じます
○数ならぬ身の、御鄭重なるお祝いのお言葉に接し且つ結構なる記念の品まで拝し、御芳志辱(かたじけな)く存じます
○これ全く御指導の賜もの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする