祭やパーティなどへの招待



鎮守の祭に招く

凌ぎよい季節となりました。お変りはございませんか。さて来る十五日は当地の鎮守のお祭にて、今年は催しものも例年よりにぎやかにとり行われるそうでございます。

幸い当日は日曜日に当りますので、前夜から泊りがけでおいでをお待ちいたします。なにもおかまいはございませんが、久しぶりで宵宮のそぞろ歩きに学生時代などしのびたいと存じます。

両親もお目にかかるのをたのしみにしています。祭ばやしの稽古のきこえる夜、お会いする日を指折り数えつつ。

クリスマスに招く

楽しいクリスマスが近づきました。二十五日の午後一時から拙宅で親しい方々のお集まりを願い、お祝いをかね半日の歓談を尽し、面白い福引に興を添えたいと思います。

当日はお子様の分も用意いたしておりますから是非とも皆様をお連れ下さい。年を送るにあたって、年を忘れ子供に交って遊び興ずるの屯よい思い出と存じます。右御招きまで。

パーティに招く

取急ぎ寸楮(すんちょ)にて失礼いたします。来る××日小生宅にて親しい友人のみお招きいたしささやかなダンス・パーテイを開きたいと存じますので、何とぞおいで下さいますよう。

大掛りなものでなくレコードに合わせてスクェア・ダソスのお稽古をする会と申上げた方が正直な内容でございます。

勿論小生もスクェア・ダンスはやったことはなく貴兄もその通りと存じますが、当日は大田中学の金子先生が、先日講習を受けて帰られましたので、その発表かたがた我々も習おうという趣意でございます。
女の方々も姉の友達など数名見え、中には上手な方もおられますので、きっとよい御指導が頂けると思います。

まずは以上の次第ですが、どうかお繰合わせ下さいますよう、時刻は午後一時頃から始め夕方終る予定にございます。貴兄の女の友達お連れ下さってもかまいません。

それから服装は特に御心配なきよう、常の背広で結構でございます。ではお待ちいたしております。

祭やパーティなどに招待の類句

○暑い暑いと口ぐせのように申しておりました夏もいつか過ぎて、町境の峠道には、いま拮梗やおみなえしが花盛りでございます
○このXX日は町の鎮守様の秋祭で、町の若い人たちはその準備に今から気もそぞろの様子です
○三年に一度の大祭が催され、いろいろ余興の計画で町じゅうが大そうな張り切りようです
○名物の安来節や笠おどり、のど自慢大会などが催され、定めし賑やかなお祭になる模様
○村は今からその稽古やら支度やらに浮きうきとしております
○幸い当日は土曜日でもありますから、お泊りがけでぜひお出かけ下さいませんか
○鎮守の森にひびく太鼓の音を聞きますのも田舎ならでは味あわれぬ風情がございます
○どうぞお子様をお連れ下さいまして、泊りがけでお出で下さいますよう、お待ち申しております
○楽しいクリスマスも、近づいてまいりました
○年の瀬もおしつまり、子供たちが待ちに待ったクリスマスも、あと三四日になりました
○来るX月XX日午後△時から親しい方々のお集まりを頂きましてお茶の会を開きたいと存じますので、どうかいらして頂けますよう
○庭の菖蒲も真盛りとなりましたのでX君、XX君等数人小生宅に集り、句会を開きますので御案内致します
○誕生祝いを兼ねたお茶の会を催し、かたがた句会というまことに欲張ったものにございますがぜひ御繰合わせ下さいますよう
○どうかフレンドのお方お連れ下さいますよう
○スクェア・ダンスの練習会を開きますので
○丁度祭日でもありどうかお気軽にお出かげ下さい

同じく返事の場合

○御地のお祭に毎年のようにお招きにあずかりまして有がとうございます
○久振りでのんびりした田舎のお祭気分を味わさせて頂きとう存じます
○さぞかしあつかましいこととお思いでしょうが愚妻子供等だけ御厄介になりたく存じます
○去年も参上致してとんだ御厄介になりましたのに
○子供らも落ち着かないでその日を待っている始末でございます
○古雅の祭を一度拝観いたしたく
○秋祭りにお招き下され
○結構なお催しにお招き下さいまして御厚情深謝いたします
○何分話題の貧弱な者でございますが、皆様のお仲間に入れて頂きたく当日を楽しみにしています
○もちろん伺いますわ、きっと素晴らしいパーティとなることと今から喜ばしさがこみ上げて来ます
○句会のパーティとはほんとうに嬉しく存じます、きっと伺わせて頂きます
○少々遅れるかも知れませんが必ず伺います
○貴女の御手際に期待しています、楽しい幸福なひとときとして

病気全快に友を招く

その後御無沙汰いたしておりましたが、お変りなくお元気のことと存じます。さて私、おかけさまでようやく病気全快いたしましたので、全快祝などと大げさなことではなく、みなさまに集まって頂いて喜んで頂くつもりで××日一夕の御招待を申上げます。健康を誇られるあなたさまのお顔は、ときのゲストとしても、ぜひどうぞおいでをお待ち申上げます。

先は御案内まで。

woman photo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする