子を失った人へ(婦人用)

sad photo

御令嬢篤子様 御他界されましたとの御悲報に接し同じ子をもつ母の身として、何と申し上げてよろしいやら、ただ呆然と致すばかりでございます。いつぞやお伺いいたした折には宅の涼子と御宅様の縁側にて嬉々として塗り絵などを遊んで居りましたが、あの御元気な様子は宅の子などとは段違いでございましたのに、何ということでございましょう。

あのお美しさで、輝かしい未来を約束されておりましたものを、わけていつくしみの深い御主人様の力落しのことが、御察し申し上げるも悲しみの種でございます。黄菊白菊そのほかの名はなくもがな、薫香ほのぼの、御霊前にもと御送り申し上げました。どうかお二方様とも今後の御自愛を切に願い上げます。

先ずはお悔のみ申し上げます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする